建物状況調査(インスペクション)

安心を買うはあたりまえ

既存住宅(新築では無い)の媒介を行う宅建業者は、媒介契約を締結するときは、媒介契約書に「建物状況調査を実施する者のあっせんの有無」について記載することが法律で義務付けられました。(平成30年4月1日施行)

建物状況調査制度概要

国土交通省のホームページからダウンロードできるリーフレットを以下からもダウンロードしてご覧いただけます。

pdf売主用(PDF) / pdf購入検討者用(PDF)

対象となる物件

この対応が必要となる物件は、戸建て住宅の他、マンションやアパートなどの共同住宅の売買も建物状況調査の対象となりますが、店舗やオフィスビルなどの売買においては建物状況調査の対象とはなりません。また、店舗併用住宅の場合は、住宅部分が対象となります。

建物状況調査とは

既存住宅の基礎、外壁等の部位ごとに生じているひび割れ、雨漏り等の劣化・不具合の有無を目視、計測等により調査するものです。建物状況調査は国の登録を受けた既存住宅状況調査技術者講習を修了した建築士が実施します。(既存住宅状況調査技術者)

建物状況調査を行うメリット

買主様

  • 重大な欠陥の存在を知らずに住宅を購入してしまう危険性を減らすことができ、より安心して購入の判断ができる。
  • リフォーム前提で中古住宅購入を検討している場合、構造まで手を入れるかの要否が判断でき、リフォームまで含めたローンの資金計画を立てやすい
  • 修繕が必要な箇所を的確に把握できるので、購入後のメンテナンスの計画を立てやすい

売主様

  • 買主に安心を提供することで『早く』契約でき、売れ残る危険性を減らすことができる。
  • 買主に安心を提供することで『建物の品質・状態が不透明なまま販売するよりも高く』正当な金額で契約でき、また、妥当でない減額交渉には確信をもって対処することができる。

Yes! 不動産がすること

建物状況調査技術者との間で建物状況調査の実施に向けた具体的なやりとりが行われるように手配をさせていただきます。

  • 建物状況調査実施のご意向を「売主様」に確認
  • 既存住宅状況調査技術者が作成した建物状況調査費用の見積もりを「売主様」に伝達
  • 建物状況調査実施のご意向を「買主様」に確認
  • 既存住宅状況調査技術者が作成した建物状況調査費用の見積もりを「買主様」に伝達
  • 「買主様」が希望する場合、『建物状況調査に関する合意書』について「売主様」「買主様」双方に確認

建物状況調査に関する合意書
建物状況調査について相談する

建物状況調査の費用

福岡県では「住まいの健康診断」事業として、この建物状況調査を広く推進しています。

一戸建て・マンションなどの通常診断:54,000円

利用者様の負担は、「福岡県」と「福岡県宅地建物取引業協会」からの補助金により17,000円
ただし、この補助金は、予算上限に達し次第、締め切り(補助件数 400件予定)となりますのでご了承ください。平成30年5月

さらに以下の有料のオプションにより、より詳しく物件の現状を確認できます。
建物の状態によっては住宅ローン減税の優遇を受けられる可能性もあります。

  • 床下進入調査 10,800円(税込)
  • 耐震診断 32,400円(税込)
  • 小屋裏進入調査 10,800円(税込)
  • 瑕疵保険事前検査 分譲マンション 10,800円(税込)
  • 瑕疵保険事前検査 戸建 16,200円(税込)

住まいの健康診断(インスペクション)をご希望の方は、不動産業者(仲介業者)を通して申込みを行って頂く必要がございます。
建物状況調査について相談する

「建物状況調査」と「既存住宅売買瑕疵保険」について

既存住宅売買瑕疵保険に加入するためにも検査が必要ですが、保険に加入するための検査(瑕疵保険登録検査事業者が行う検査)と、宅建業法上の建物状況調査(既存住宅状況調査技術者が行う検査)の検査内容が微妙に異なります。

2つの異なる既存住宅検査

 

したがって、既存住宅売買瑕疵保険の加入が見込まれる場合には、「既存住宅状況調査技術者の資格者」で、かつ、「瑕疵保険の登録検査事業者である事業者」に依頼すると、検査の二度手間を省くことができ、後々の手続きをスムーズに進めることができます。

なお、建物状況調査を瑕疵保険の登録検査事業者に依頼したとしても、検査結果次第では「瑕疵保険」に加入できない場合や、必要な補修等を行った後でないと加入できない場合がありますので注意が必要です。
建物状況調査について相談する


不動産売却ガイド 福岡の不動産買取り

Fudousan Plugin Ver.1.7.15