『売却』と『賃貸』 同時に検討したい

賃貸と売買どっち

相続する不動産を『活用した方が良いか』『売却した方が良いか』 決めかねて悩んでいますか?

転勤で、マンションの売却か賃貸かで悩んでいますか?

整理するとポイントは以下のようになります。

活用する方が良いケース【賃貸】

  • 賃料収入がある場合で、建物は古くとも、立地が良く常に満室で稼働している物件
  • 賃料収入がある場合で、売却価格が低すぎる物件
  • 自己使用や活用方法がある場合

不動産事業を行う場合、物件の管理業者を選定するのはもちろん、補修の相場、賃料相場税務関係についてある程度の知識が必要です。不動産業に興味があって物件管理能力を磨いていく意欲があれば、きっと成功するでしょう。

売る方が良いケース【売却】

  • 自己使用の予定は無い
  • 不動産管理は煩わしいと感じる
  • 売却して負債を軽くしたい
  • 物件を売却し、その資金を他の事に利用したい
  • 売却して共有者で分けなければならない

Yes!不動産では不動産の管理相談についても対応いたします。

古くなったアパートやビルを相続し、『今後も保有していくのか』『早めに売却するのか』
お悩みの方からの1件1件のご相談に対して、丁寧に承ります。

一般的に物件所有者様が気になっていらっしゃる点は・・・以下に収れんされます。

  • 賃料収入の今後の見通し
  • 所有物件の維持費用、賃料、収支は多と比べてどうか?
  • 建て替えや、高額の改修費を投入しなければならないか?
  • 月極駐車場もしくはレンタル収納スペースに変更する方が良いのか?
  • 数年後に建物を建てるが、それまでの間、暫定的にコインパーキングで運営し収益を得られるか?
  • 売却する場合の手取り金額はいくらになるか?
  • 不動産価格は値上がりの見通しか、下がる見通しか?

ご相談いただきましたら、物件調査のうえご報告いたします。

当社の事務所では、早朝・深夜など営業時間外のご相談も承ります(要予約) お気軽にご予約ください。

福岡市および近郊でも、相続にからむ空き家が年々増えています。
所有者様におかれましては空き家をご売却いただき、新しい所有者様に事業(新築住宅/新築アパートの建築/建物をリノベーションして活用)を行っていただけるようご案内いたします。
私たちはこの不動産再生活動を通じて『地域の健全化・活性化』への貢献を目指しています。

 

不動産の売却相談

 

福岡市 国税庁 国土交通省

Fudousan Plugin Ver.1.7.15