不動産売却 = 理想の自分に近づける取り組み

不動産売却で得たいもの

不動産を手放すにあたっては、何を目指して、どうなりたいかを明らかにしておくことが大切です。

この考え方が明らかになっている方と、明確でない方とでは、不動産売却にあたり引き寄せの力に大きな違いがあらわれます。

無責任に聞こえるかもしれませんが、このことが私たち不動産仲介業者の頑張りではどうにもならない力の差となって成果にあらわれます。

 

まずは・・・

「理想の自分って、どんな人?」

「何を手放して、何が手に入ったら、理想の自分?」

このように理想に近づくために、自分に質問をしてください。

これは私たち仲介業者に不動産売却の依頼をされる前に、必ずご自身でまたはご家族で一緒におこなってください。

 
最初は取るに足らない質問からはじめます・・・

「今朝、何を食べましたか?」

 ↓↓↓↓↓

「そういえば、おにぎりを食べたな・・・」

「今朝、何食べましたか?」って聞かれたら、人は頭で考えるんです。

 

・脳は聞かれたことに応える性質があります

・脳は聞かれたことを考える性質があります

理想の自分に近づきたければ、今度は、それ相応の質問を自分にするということです。

質問

どうして自分に質問することで理想の自分に近づけるんでしょうか?

 

理想の自分に近づくうえで、どんなことが自分の理想なのかわかっていないと、そもそも、そこに近づくことはできないですよね。

つまり、何をすればよいのか、どこへ向かえばよいのか、わからないと、そこへ向かうことはできないという事です。

何かの目標を達成したいなら、目標に近づくための質問をすれば良いんです。

 

ここで、大切なポイントは質問が前向きであること。

人生を豊かにするための質問とは、前向きな質問 / 良い質問 / 気持ちを豊かにする質問 です。

良い質問

一方で、ダメな質問は、「なんで自分はだめなんだ」「どうしていつも自分はうまく行かないんだ」などの 自分や家族や他人を責める質問 です。

「どうしていつも自分はうまく行かないんだ・・・」っていう質問をすると、自分がうまく行かない理由を探し出すんです。

・・・怖いでしょ・・・

脳は「自分は出来ない」っていうことを探し出して、それを証明することを考えはじめるんです。

そして確実に「出来ない将来」を引き寄せます。

 

絶対に批判する質問をしてはいけないんです。

自分を責める質問

人を批判する質問

これらをしてはいけないという事です。

 

ポイントは、

自分や大切な人を前向きにする質問

自分や大切な人をあたたかくする質問

そんな前向きな質問でしっかり自問自答されてから、私たち不動産仲介業者にお問い合わせください。

 

注意

不動産仲介業者によってはバラ色のお話しでお客様をまずは集客しておいて、後になって「全く売れる様子がない」「なかなか理想どおりに進まない」などのお客様のご意見を耳にします。

お客様の考えや気持ちも ふわふわした状態でいる時に、まちでキャッチセールスにあって何かを依頼してしまうようなものです。

 

【不動産売買に必要な力】は以下の公式であらわせます。これは理想に近づくために欠かせない考え方です。

不動産売買に必要な力 ≦ お客様ご自身の想い × 仲介業者の想い

【お客様ご自身の想い】 ・・・ お客様の「売りたい」といいう本気が重要です。

【仲介業者の想い】 ・・・ お客様へのお役立ちに私たちは情熱を傾けることをお約束します。

 

質問から導かれる自己分析をしていないと、スタート地点、目的地が不明確なまま、地図やコンパスを業者にお任せして理想に近づけません。

もしも、前向きな自分への質問が上手にできない、しっくりこない・・・そんなときもYes!不動産にその旨をお話しください。

もやもやした気持ちを私たちにお話しください。

 


不動産の売却相談 無料売却査定


住み替え・買い替え 不動産売却ガイド

 

福岡市南区井尻のイエス不動産

■ 事務所 ■

福岡市南区井尻5丁目-20-19-1F

TEL: 092-558-8872

 

■ 営業時間 ■

10:00~17:30

営業時間外のご相談 どうぞ気兼ねなく(要予約)

ご予約ボタンをクリック下さい。予約

 

■ 店休日 ■

水曜日

Fudousan Plugin Ver.1.7.15