家探しを始める時、依頼は大手に?それとも中小に?

レインズのしくみ

 

全ての不動産仲介業者は、レインズ(REINS)というデータベースでほぼ全ての物件情報を共有していて、全国区の大手でも、中小の不動産仲介業者でも、福岡でも、東京でも、北海道の業者でも同じだけ物件情報があります。

免許を受けた不動産仲介業者はほぼ全ての不動産を取引できますから、Yes!不動産でも、あなたが気になっている不動産のお取引が可能です。

 

不動産レインズが元情報

 

不動産情報サイトと家さがしのポイント

一般の方がご覧になるスーモ・アットホーム・ホームズなどの不動産ポータルサイトは、レインズから情報を抽出して、各不動産会社は写真を撮り直し、広告費用をかけて転載されたものに過ぎません。

大手でも、中小でも物件情報は同じなので、どの仲介業者でも取引できます。ただ、担当者の正直さや熱意によって不動産購入の結果は変わるかもしれません。

仲介業者が自らの都合により売りたい物件ばかりで案内がなされる場合と、購入希望者様の希望に寄り添うカタチで物件の案内がなされる場合の違いです。

また、特定の物件を売らんがためにマイナスポイントを伝えない場合と、正直に物件のプラスとマイナスを伝える場合の違いもそうです。

当社への相談・ご依頼にリスクはありません

  • 理由を問わず、いつでもYes!不動産を解約いただけます
  • 不動産の購入に至らない場合、費用はかかりません
  • 相談だけでもOK、どうぞ気兼ねなく


物件を探して欲しい 住宅ローンについて


ゼロスタイル 福岡市の新築物件一覧


どうして完璧な不動産物件がないのか 新築一戸建て購入ガイド


人生設計シュミレーション・資金計画 新築一戸建てvs中古一戸建て

Fudousan Plugin Ver.1.7.15