建売新築一戸建てを購入する際の想定外のお金!

建売住宅購入にあたり想定外の出費

建物の引き渡しを受けて、いよいよ住む直前になって気が付く出費をご案内します。

早く言ってよ~ とならないようにあらかじめ頭に入れておいてください。

ローンを組む時点で考えて、予算に組んでおくようにしたいものです。

 

カーテン・カーテンレール(絶対必要)

カーテンレールを用意

沢山の物件を内覧しているときには解放感あふれるお部屋が素敵に見えるものですが、実際に生活が始まるとプライベートの確保が必要になります。

そこでカーテンを買い求めることになりますが、建売住宅にはカーテンのレールが付いていません!!

一概にカーテンといっても布製のカーテンからブラインドカーテンロールスクリーンまで幅広いのです。

なので、自由にカーテンを選べるように建売住宅にはカーテンのレールが付いていません!!

レールまで工事をお願いするとこれが結構な価格になります。

安価に済ませるにはホームセンターで購入しご自身で取り付ける方法があります。(結構大変💦)

また、カーテンはオーダーの遮光カーテンになると25万円 ~ ウン十万円

既製品の安いモノをネットで購入しても8万円程度は考えておく必要があるでしょう。

地デジのテレビアンテナ(絶対必要)

地デジアンテナ

業者に依頼すると7万円程度ですが、アマゾンで購入し、お父さんが自分で取り付けすれば1万円程度テレビが見えるようにできます。

参考になるサイトは以下をご覧ください。

https://from-a100.com/tv-antenna-setti-2-586

そんな時間は無いから・・・という方が多いと思いますので、殆どの場合で建売住宅の協力会社(オプション施工専用の会社)に依頼されます。

エアコン取付のための工事費用(絶対必要)

空調取り付け工事

一戸建ての新築物件にはエアコン取付の際に壁面へ穴をあける工事からしなければなりません。

あらかじめエアコン用の穴を用意していない住宅メーカーは不親切なように感じられますが、希望どおりの箇所に取り付けができるようにとの配慮からなのでご理解ください。
(実は売主買主ともにベストな合理的な判断なのです)

工事費用は家電量販店に依頼すると安く済みますが、構造上の穴を開けてよいか確認が必要な場合は家の購入者から建売の住宅メーカーに尋ねるようにします。

また、それも煩わしいとお感じのお客様は、建売住宅の協力会社(オプション施工専用の会社)に依頼されます。

網戸(絶対必要)

網戸オプション工事

建売の新築一戸建てでは、会社によってあらかじめ網戸が付いていない物件が多くあります。

購入検討時に確認しておく必要がありますが、工事費用は12万円程度を見込むとよいでしょう。

建売住宅の協力会社(オプション施工専用の会社)に依頼しておきます。

雨戸(絶対必要)

雨戸オプション

建売の新築一戸建てでは、会社によってあらかじめ雨戸が付いていない物件があります。

防犯上はもちろん近年は大規模な災害も多く、雨戸は必須だと思います。

電動タイプ手動タイプに分かれますが、物件に応じて必要な数やサイズ、また2Fにも付けるか否かを買主様の判断で決めます。

建売住宅の協力会社(オプション施工専用の会社)に依頼して見積りをもらうようにします。

照明(絶対必要)

照明の準備

玄関・廊下・階段にはダウンライトがついている場合がほとんどですが、各部屋には照明を用意します。

ホームセンターでLEDのコンパクトタイプなら3千円程度からありますので、全部そろえても2万円程度で済みます。

また照明次第で、お部屋の雰囲気はグレードアップします。

家全体の高級感をあげるために照明にはお金をかける買主様も見られます。

そのような場合、賃貸のお部屋の時に利用していた古い照明を仮設置して、入居後に慌てず照明を探すと失敗せずに済むようです。

フロアコーティング

新築一戸建てを購入される多くの方が入居前にフロアコーティングを施工されます。

物件引渡しまでにに慌ただしくすすまれ、その後すぐにご入居のながれとなりますので、建売ビルダー様の提携業者にフロアコーティングを依頼される場合が多いといえます。

フロアコーティング

提携業者以外にも見積りを依頼する事ができますが、住宅ローンに組み込むなどのお考えがおありの場合はお早めに検討されることをおすすめいたします。

フロアコーティング2

1階のみ(25万円くらい?、もしくは、1階から2階まで全てのフロア(40万円くらい?をコーティングご希望など、予めご予算を把握しておかれると良いかもしれません。

結構なお値段がしますが、家全体の高級感は確実にアップします。

家具・家電

入居前の家具準備

家電
これまで利用してきたものが新しければ、広い新居でそのまま利用もよし。

購入費用を住宅ローンに含んで家具家電も新調する事ができます。

古いモノは買取業者に引き取ってもらって、運ぶ荷物を減らす事により引っ越し費用を抑えられるメリットがあります。

カーポート屋根

カーポート屋根

門扉・カーゲート

門扉

アコーディオンタイプや 跳ね上げゲートタイプなど様々あります。

車を愛するご主人様には是非とも欲しい安心アイテム。

業者に依頼すると10~40万円程度

参考になるサイトは以下をご覧ください。

https://www.ex-shop.net/index.php?action=public_item_cg_menu

ウッドデッキ

ウッドデッキ

リビングからの見た感じが広がります。

また、布団や洗濯物を干すときなどに楽々で奥様にも喜ばれます。

業者に依頼すると10~20万円程度ですが、ネットで購入し、お父さんがDIYで取り付けすれば3~5万円程度格好良くできます。

参考になるサイトは以下をご覧ください。

https://www.ex-shop.net/ex-blog/?p=2233

そんな時間は無いから・・・という方が多いと思います。そんな時は近くのホームセンターに依頼されます。

福岡県・佐賀県で新築一戸建てをご検討されている方へ

お得な新築の建売住宅を購入される際、思いのほか別途費用をご予算に加えなくてはなりません。

これら費用は概ね住宅ローンを組む際に合算し、あらかじめ予算として確保されるようにします。

物件選びの最終段階で想定外の費用についてお悩みのお客様を目にします。

私達Yes!不動産は、そんなお客様から『助かった!』と言ってもらえる存在でありたいと考えています。

詳しくは以下のリンクからどうぞ!

ゼロスタイルへのリンクボタン


福岡市の新築物件一覧 新築一戸建て購入ガイド


どうして完璧な不動産物件がないのか 新築一戸建てvs中古一戸建て


住宅ローンについて 人生設計シュミレーション・資金計画

Fudousan Plugin Ver.1.7.15