家の買い替え・住み替えの流れ

「ライフスタイルの変化」および「転勤・転職」「家や周辺環境への不満」により、住み替え購入が検討されますが、「住み替え」とひとことで言っても以下の2通りあります。

●「賃貸物件 → マイホームの購入」の方

●「自宅を売却 → 新しい自宅を購入」の方

賃貸住宅 → 持ち家

この場合は、「希望どおりの物件が見つかるまで時間をかける」「急いでいるので希望に近い物件が見つかればすぐにでも」など、シンプルな優先順位に従って購入にすすみます。

持ち家 → 持ち家

この場合は話が複雑です。

「自宅の売却」と「新居の購入」のどちらを先に進めるのか考える必要がありますが、「自宅売却で残る金額」と「資金繰り」について明らかにしたうえで、「売りが先行」かそれとも「購入が先行」かを決定します。

良くわからない時は、あれこれ気を揉むよりも不動産業者に事情を説明して無料コンサルを受けると前にすすみます。

売り先行?購入先行?

持ち家を先売り・新居を後で購入

メリット
・焦って売る必要がないので、じっくりと販売活動ができる。
・売却価格の範囲内で予算がたてられる。
・やむなく値下げが必要な場合にも柔軟に対応が可能。

デメリット
・一般的には都合よく同時に新居が見つからないので「仮住いへの引っ越し」を挟むことになる。

新居を先に購入・持ち家を後売り

メリット
・理想の新居を逃さない。
・仮住いすることなく、一度の引っ越しでスムーズ。

デメリット
・売却代金をあてにせず、新居購入の資金を用意しなくてはならない。
・一時的に、売却する家と新しい家の2つの住宅ローンを支払う。


「売り先行」では、売れる見通しがついてから本格的な新居探しをするので、低リスク。一般の方には「売り先行」をお勧めします。一方、「購入先行」では、相続した実家を売却する場合や、資金にかなりの余裕がある場合などに限り、理想の家に巡りあったタイミングで即行動することをお勧めします。

思うように売れない時の「不動産買取」

「仲介」による売却が想定通りにすすまない場合、不動産会社による「買取」も検討してみてください。

「仲介」・・・不動産会社が買い主と売り主の間をとりもつ方法
「買取」・・・不動産会社が直接買う方法

「仲介」・・・市場価格で売却
「買取」・・・市場価格の6~8割が買取価格

「仲介」・・・不動産は一点もの。買い手との巡りあい。いつ売れる?
「買取」・・・確実に売れる

買取では売却価格が安くなってしまいますが確実に売却できます。資金繰りも試算をしなおして前へすすみますし、住み替えにおいては有効な手段とされています。

「買取保証」・・・仲介による売買が成立しない時には、あらかじめ約束しておいた金額で不動産を買い取る制度

不動産会社によっては「買取保証」してくれますので、売却相談の際には確認するとよいでしょう。

不動産買取


マイホーム住み替えの相談 不動産売却ガイド

不動産売却の相談受付時 概要 売却と賃貸を同時に検討

リフォームを職人に直接依頼 リフォーム会社に依頼する

Fudousan Plugin Ver.1.7.15