どうして完璧な不動産物件がないのか

決められない
マイホームは希望の7割を満たせば決断して良いといわれています。
それは、以下に示す要素が、複雑に絡み合うからです。
これが理解できないと、多感な方や欲張りな方は購入を決断することができません。

不動産はこの世に同じものはない

雑誌、ネットで完璧な物件はないと、記載されているのをよく目にします。
営業マンからも強く念を押されます。
完璧な物件がないというのはどういうことでしょうか。
不動産である土地はこの世でただ一つしかない、唯一無二の存在です。
持ち主が売らない土地は、欲しくても手に入れることができません。
建物は土地の形、向き、周りの環境によって違ってきます。
広さ、壁の色、間取り、階段の位置、階数、キッチンの向き、庭のあるなしなど様々な要素から成り立っているため、まるっきり同じものに、出会うことは難しくなります。
電化製品などは大量生産できるので買い逃しても、待てば再び納品されて購入することができます。
別のお店に行っても購入できます。
不動産はそれができないため、優先順位をつけて比較して購入する必要があります。
恋人と同じように個性があり、長所もあれば短所もあります。

物事には、相反する二つの側面がある

不動産の見方にはプラスとマイナスがある

プラスの側面から出した希望は、マイナスの側面も必ず考えましょう。
マイナスの側面は、代替案がないか、対策が可能か、許容できるか考えましょう。

安ければ安いほど良いとは限らない

物件の価格は、人気(需要と供給)と相場で決まります。
周りより安いものは、当然人気がなく、マイナスの側面が多い物件になります。
価格の安い物件を購入できる方は、価格の優先順位が高い方でマイナスの側面があっても、対策を思いつく方、またはお金のために妥協する決断力がある方になります。
希望価格の上限が、希望するエリアの最下層の価格帯の場合、当然希望を満たす物件は、ほとんど出てこないでしょう。上限額がエリアの相場の価格帯で複数から選べることが大切です。

家族で優先順位が違い、相反する希望も

会社勤務の方は、駅に近い物件が欲しい方が多いと思いますが、家にいる時間が長い方は、リビングが広く、家事動線が良い、閑静な住宅街にある建物が欲しくなると思います。

 

恋人と同じように個性があり、長所もあれば短所もあります。
同時に恋人選びは早い者勝ちでもあります!

不動産購入申込書
 


ゼロスタイル 大手と中小の不動産会社


建売住宅・注文住宅再販考察 新築一戸建て購入ガイド


一戸建てvsマンション 新築一戸建てvs中古一戸建て


住宅ローンについて 人生設計シュミレーション・資金計画

 

Fudousan Plugin Ver.1.7.15